music by the beatles "the inner light"

music by the beatles "the inner light"
posted by 00111 at 19:27 | 東京 ☀ | Comment(106) | TrackBack(18) | オプチカルイリュージョン

From The Beatles "Love" Available Now.

From The Beatles "Love" Available Now.
posted by 00111 at 19:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | オプチカルイリュージョン

UFO2

posted by 00111 at 19:16 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | オプチカルイリュージョン

UFO

posted by 00111 at 19:13 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | オプチカルイリュージョン

エッシャー

3????〓〓〓〓〓§??????〓????〓A??〓????¨〓????????????II 1939.jpgエッシャー
3つのブロックから印刷された茶色、灰色の緑および黒中の開発II 1939.jpg
posted by 00111 at 19:04 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

飛行機雲の作り方

????????.JPG 
飛行機雲の作り方
飛行機の航路にできるもので、飛行高度の空気が低温(マイナス30℃以下でなければできない)で湿度の高い時にできる雲の一種です。

なぜ飛行機雲はできるのか?

飛行機のエンジンから出る排気ガス。

排気ガスの中には、水蒸気やチリがあります。気温は地上から100メートル高くなるごとに0.6℃下がるので、上空1万メートルでは地上より60℃低いマイナス50℃の世界になります。その空気で水蒸気は瞬時に冷やされ凍り雲になり白く見えます。また、チリは水や氷の粒の核となってさらに雲を作ります。

飛行機の高速移動。

飛行機は上空の空気を引き裂いて飛行しますが、その時にその場所の気圧が
下がります。気圧が下がると気温も下がるので、そこでまた空気が冷えて、雲ができます。
posted by 00111 at 17:13 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

山岳の気象現象

800px-Brocken-tanzawa.jpg
ブロッケン現象(ぶろっけんげんしょう)(phenomenon of brocken spectre,glory,光輪)は太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲や霧に光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現われる現象。山岳の気象現象として有名で、尾根の日陰側かつ風上側の急勾配の谷で山肌に沿って雲 (霧) がゆっくり這い上がり、稜線で日光にあたって消える場合によく観察される。航空機から見下ろす雲や、平地でも川霧等に現われることがある。
posted by 00111 at 16:32 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

太陽と月

@〓〓〓〓[u????????vi1948??.jpg
マウリッツ・コルネリス・エッシャー1948年 太陽と月
posted by 00111 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッシャー

マウリッツ・コルネリス・エッシャー

マウリッツ・コルネリス・エッシャー
〓〓〓〓[AΨ.jpg

マウリッツ・エッシャー

マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日)はウッドカット、リトグラフ、メゾティント版画などの製作でよく知られたオランダの画家である。エッシャーは建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。

エッシャー的世界の展開
アルハンブラ宮殿の再訪以来エッシャーの作風は一変する。それまでは風景画が作品の中心を占めていたが、数学的な趣向の強い、同じ時代のどんな種類の作家にも見られない特有な世界をつくりだす。エッシャーはジグソーパズルのように平面を黒と白の模様で埋め尽くす手法を使い『メタモルフォーシスT』、『昼と夜』、『循環』などを制作した。しかしエッシャーの父親は彼の新しい作品を理解することなく亡くなった。エッシャーは1950年代に入るとアメリカの2つの雑誌に紹介され、急速にアメリカの若者の支持を得ていった。エッシャー自身は自分の作品がアメリカの若者たちに熱狂的に受け入れられているのを距離を置いて見ていた。(エッシャーの作品が不可思議な世界を持っているからだろうか、麻薬を吸いながらエッシャーの絵を眺めるような若者もいた。また、エッシャーの作品中の植物が大麻ではないかと疑われたことすらある。もちろん大麻とは何の関係もなかった。)エッシャーは1950年にオランダ紙幣のデザインに取り組んだがその紙幣は発行されなかった。エッシャーは多くの地質学者と交流を持つようになった。1955年、エッシャーはヒルフェルスム文化賞を受賞した。現在良く知られている作品『凸面と凹面』(1955年)、『物見の塔』(1958年)、『円の極限W』(1960年)、『上昇と下降』(1960年)、『滝』(1961年)、などがこの時期次々と生み出された。
posted by 00111 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッシャー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。